おすすめの国内MBA

国内MBAスクールの受験対策

バブル崩壊後の日本ビジネスのグローバル化に応じて、経営学の修士課程を修了し、経営スペシャリストとして認められた者に与えられるMBAへの関心は年々高まっています。従来は、MBAは海外に留学して取得することが主でしたが、国内でのMBAに対する認知度の上昇とともに、国内のMBAスクールが急速に増加し、現在では国内MBAスクールの需要が大変高まっています。

特に、国内MBAスクールはビジネス経験を積んだ社会人によるニーズが高いのもあり、働きながら通うことができる夜間コースの入試倍率が高くなっています。国内MBAスクールの入試科目には、筆記試験の小論文と英語、研究計画書、面接などがありますが、中でも研究計画書と面接はほとんどのスクールで実施されています。特に、筆記試験の課されていないスクールでは、研究計画書の完成度が合否につながるといっても過言ではないでしょう。

受験対策準備期間は大体、半年から一年くらい費やしているのが一般的なようです。たいていは各受験科目の対策テキストで受験対策の準備をしますが、難関な国内MBAスクールを目指す場合や、さらに確実にMBAスクールに入学できることを目標に、国内MBA専門予備校に通って実力を上げる人もいます。

テキストや予備校などで試験対策をすることはもちろんとても大切なことですが、さらに大切なのは、国内MBA取得に向けての目的意識やキャリアプランをしっかり持っていることでしょう。国内MBAを取得したら、経営のスペシャリストとして学んだことをどのように活かし、そのために国内MBAスクールでどう学んでいくべきかというビジョンをしっかりと持つことが、国内MBAスクールの合格につながり、国内MBAを取得してからの活躍にもつながっていくことでしょう。

最新記事

  • バブル崩壊後の日本ビジネスのグローバル化に応じて、経営学の修士課程を修了し、経営スペシャリストとして認められた …

    国内MBAスクールの受験対策